ページの先頭です
メニューの終端です。

町長短信 えがおあふれるまちに 平成28年6月号

[2016年9月7日]

備え

 東日本大震災や一昨年の広島市の土砂災害、昨年の関東・東北豪雨の記憶も新しい中、熊本県を中心とした激甚災害が発生しました。

不幸にも亡くなられた方、そのご家族の無念、今なお避難生活を続ける被災者のご苦労を察し、胸を痛める日々ですが、

我が大山崎町を災害から守るという職責の大きさに、身が引き締まる毎日でもあります。

 

 災害の一日前に戻れるなら何をするか、という内閣府の「一日前プロジェクト」という企画があります。

明日、災害が起こるかもしれない、という心構えで今できる備えをすることの大切さを教えてくれます。

 

 「自然災害に備えることは、自然豊かな環境に住む人にとっての『作法』である」。とは、防災学の大家の言葉です。

天王山と淀川は私たちに大きな癒しを与えてくれますが、これからは、梅雨時。

クチナシの香る中、傘に雨音のリズムを感じつつの散歩も楽しいものですが、時として降り過ぎて、愛すべき自然が脅威となることもあります。

いまいちど作法として、いざというときの備えを確認したいものです。

 

                                                                                                       大山崎町長 山本 圭一

お問い合わせ

大山崎町 政策総務課 企画観光係

電話: 075-956-2101 ファックス: 075-957-1101

E-mail: kikaku@town.oyamazaki.lg.jp


町長短信 えがおあふれるまちに 平成28年6月号への別ルート