ページの先頭です
メニューの終端です。

選挙人名簿

[2008年3月25日]
1 選挙人名簿への登録と時期

 住民基本台帳に記載されて引き続き3ヶ月以上経過した20歳以上の日本国民であれば、選挙人名簿登録期ごとに自動的に登録します。

定時登録
毎年3月・6月・9月・12月の各1日現在のものを、各2日に登録します。
選挙時登録
選挙が行われる時に基準日と登録日を定めて登録します。


2 登録の抹消

 選挙人名簿は永久的なものですが、次の場合には名簿から抹消します。

(1) 死亡または日本の国籍を失ったとき
(2) 転出して4ヵ月を経過したとき
(3) 誤って登録されているとき


3 縦覧

 新規に選挙人名簿登録された方を記載した書面は、一定期間、選挙管理委員会で縦覧できます。
 登録されているかどうか、よく確かめてください。

(1) 定時登録の時は、各登録月の3日から7日まで。
(2) 選挙時登録の場合は、選挙の都度選挙管理委員会が別に定める期間。


4 閲覧

 閲覧が可能な場合は下記の通りです。

(1) 特定の者が選挙人名簿に登録された者であるかどうか確認するために閲覧する場合
(2) 公職の候補者等、政党その他の政治団体が政治活動・選挙運動を行うために閲覧する場合
(3) 統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるもののうち政治・選挙に関するものを実施するために閲覧する場合

 閲覧される場合は、「選挙人名簿閲覧申請書」をご提出ください。閲覧の申出をする場合は下記の書類が必要となります。


必要な書類
(1)登録の有無の確認 (2)政治活動・選挙運動 (3)調査研究
公職の候補者等 政党その他の政治団体
(ア)閲覧申出書 (ア)閲覧申出書

(イ)公職の候補者となろうとする者であることを示す資料
(ア)閲覧申出書

(イ)政治団体設立届出書の写し

(ウ)活動実績を示す資料
(ア)閲覧申出書

(イ)調査研究の概要・実施体制を示す資料
※「閲覧申出書」の用紙については、下記の関連コンテンツからダウンロードして使用できます。

※(2)の「公職の候補者等」欄の(イ)の資料は、現職は省略が可能です。
  「政党その他の政治団体」欄の(ウ)の資料は、現職が所属する政治団体は省略が可能です。
このほか、実際に閲覧をするにあたっては、本人確認のため、顔写真付きの身分証明書を提示していただく必要があります。

 その他各種制度が整備されました。

閲覧情報の多目的利用,第三者提供の禁止

  閲覧により知り得た事項を、本人の事前の同意を得ないで利用目的以外の目的に利用し、又は事前に申し出た以外のものに取り扱わせることは禁止されます。


選挙管理委員会による勧告及び命令制度

  選挙管理委員会では、不正な閲覧、閲覧により知り得た事項の他目的利用や第三者提供が行われている場合、個人の権利利益を保護する必要があると認めるときは、勧告や命令をすることができます。選挙管理委員会では、その他必要な限度において申出者から必要な報告をさせることができます。


氏名・利用目的の概要等の公表制度

  選挙管理委員会は、毎年少なくとも1回、選挙人名簿抄本の閲覧状況について、閲覧申出者の氏名、閲覧対象となった選挙人の範囲、利用目的の概要等について公表することとなります。


罰則の整備

(1) 偽りその他不正の手段により閲覧した場合や多目的利用・第三者提供をした場合、30万円以下の過料が課されます。
(2) 選挙管理委員会の命令に違反した場合、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が課されます。

お問い合わせ

大山崎町選挙管理委員会 
TEL:075-956-2101FAX:075-957-1101
e-mail:senkyo@town.oyamazaki.kyoto.jp