ページの先頭です
メニューの終端です。

社会資本総合整備計画の事後評価について

[2015年10月9日]

社会資本総合整備計画の事後評価結果を公表します。

社会資本総合整備計画の事後評価

 大山崎町では、社会資本整備総合交付金要綱に基づき、社会資本総合整備計画を作成し、同交付金を活用した事業を実施しています。この社会資本総合整備計画の事業期間が終了し、計画時に設定した目標の達成状況、事業効果の発現状況について、事後評価を行いましたので、その結果を公表します。

 

社会資本総合整備計画

 地方公共団体は、社会資本整備総合交付金を活用し、事業を実施しようとするときは施策目標や計画期間、実施する事業内容を取りまとめた社会資本総合整備計画(計画期間はおおむね3~5年間)を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。

 

大山崎町の下水道事業では

 社会資本総合整備計画「大山崎町における下水道の整備事業」として、下水道施設の整備計画を策定し、平成23年度~平成25年度で実施しました。

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

大山崎町 上下水道課 下水道係

電話: 075-956-2101 ファックス: 075-956-0131

E-mail: gesuido@town.oyamazaki.lg.jp


社会資本総合整備計画の事後評価についてへの別ルート