ページの先頭です
メニューの終端です。

犬・猫について

[2017年2月16日]

犬の登録と狂犬病予防注射

登録は生涯1回、予防注射は毎年

 生後91日以上たった犬は、生涯に1回の登録と毎年1回の狂犬病予防注射を受けることが義務付けられています。

 登録すると「犬の鑑札」、狂犬病予防注射後は「注射済票」を交付しますので、首輪に取り付けてください。

 4月の集合注射の会場(詳細については、「広報おおやまざき」でお知らせします)もしくは乙訓地域の動物病院で、登録と注射が一緒に受けられます。

 

 乙訓地域以外の動物病院で、初めての狂犬病予防注射を受けられた場合は、町経済環境課に登録の申請をしてください。

 京都府内(京都市を除く)の動物病院で狂犬病予防注射を受けられた場合は、町経済環境課に注射済票の交付を申請してください。

手数料

犬の登録手数料 3,000円

狂犬病予防注射済票交付手数料 550円

次の場合は届出をしてください

  • 飼い犬が亡くなったとき。
  • 犬の住所が変わったとき。
  • 飼い犬の住所、氏名および名称が変わったとき。
  • 飼い主が変わったとき。

犬・猫の死体処理

 可愛がっていた飼い犬や飼い猫が亡くなってしまった時は、飼い主で処理していただくか、町経済環境課に持ち込んでください。

 クリーンプラザおとくに(乙訓環境衛生組合)で処理します。

 この場合の手数料は、1頭につき2,000円です。

 また路上で犬や猫の死体を見つけたら、町経済環境課に連絡してください。

 

飼えなくなった犬・猫の引取について

【ペットはその命を終えるまで終生大切に飼いましょう】

 ペットの命を簡単に捨てないで、ペットを家族として迎えたときの気持ちを思い出してください。

 人間の勝手な都合で家族の一員である犬・猫を処分してしまっていいのでしょうか。

 「飼えなくなった」と保健所へ引き取りに出す前に、もう一度、家族全員で次のことを話し合い、犬・猫の命のことをよく考えてみましょう。

  1.新しい飼主を探しましたか?

  引っ越しや家族の介護等で犬・猫をどうしても飼えなくなったときは、新しい飼主を探してください。親戚、ご近所や知人にお願いしたり、情報誌やインターネットの里親募集サイト等で飼主を募集する方法もあります。新しい飼主を探すため、あらゆる手を尽くしてください。

  2.犬の訓練士などに相談しましたか?

  咬みぐせ等の問題行動は、しつけでも直すことができます。

  3.避妊・去勢手術を考えましたか?

  子犬、子猫が産まれてしまって、今以上飼えないなら、飼い犬・猫に避妊・去勢手術を受けさせましょう。

 

【動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました】

 改正「動物の愛護及び管理に関する法律」が平成25年9月1日から施行され、動物の飼主には、その動物が命を終えるまで適切に飼養する「終生飼養」の責任があることが法律上明確にされました。このため、次の場合では、京都府の保健所へ犬・猫の引取依頼があっても、原則お断りします。

  1.新たな飼主を探す努力を行っていない場合

  2.犬・猫が老齢又は病気であることを理由とする場合

  3.子犬や子猫の引取依頼において、避妊・去勢手術等の指示に従わない場合

  4.引取りを繰り返し求められた場合

  5.飼養が困難とは認められない場合

  6.犬・猫等販売業者から引取依頼があった場合

 なお、動物を捨てることは法律で禁止されており、100万円以下の罰金が科せられることがあります。それでもどうしても飼えない場合は、京都府乙訓保健所へご相談ください。

 

 

【犬・猫の引取に関する相談・お問い合わせ】

 京都府乙訓保健所 環境衛生室衛生担当

 電話:075-933-1241

 

猫の飼い方について

猫を屋外に放さないようにしましょう

屋外に猫を出すと、ほかの猫から病気を感染させられたり、交通事故、野良猫と交わり不幸な猫が増えます。できる限り室内で飼いましょう。

猫を飼っている(エサを与えている)みなさんへ

 春になると動物たちの行動が活発になり始め、繁殖しやすくなると、多くの子猫が保健所に持ち込まれます。飼い猫の不妊・去勢手術をせず放し飼いにしたり、かわいそうだからと野良猫にエサを与えるだけで子猫の繁殖を放置する無責任な人たちによって、多くの尊い命が失われています。

 また、放し飼いになっている猫は、庭を荒らしたり、フン尿をまき散らす近所の厄介者になり、頻繁に保健所へ捕獲処分の依頼があります(猫は法的に捕獲できない旨を説明してお断りしています)。

 本当に猫のことを思いやる気持ちのあるのであれば、室内飼育をしていただき、野良猫にエサを与えている人はその行為自体がかわいそうな子猫を増やす原因になっていることを理解し、不妊・去勢手術を考えていただくようお願いします。

 なお、室内飼育に関する詳しいパンフレットは保健所に置いてあります。

関連情報「京都府山城広域振興局 環境・衛生コーナーからのお知らせ

 

お問い合わせ

大山崎町 経済環境課 清掃環境係

電話: 075-956-2101 ファックス: 075-956-0131

E-mail: kankyo@town.oyamazaki.lg.jp