ページの先頭です
メニューの終端です。

長期優良住宅に係る固定資産税の減額措置について

[2014年4月1日]

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定される「長期優良住宅」に認定され、平成21年6月4日から平成30年3月31日までの間に新築された住宅については、固定資産税が減額される場合があります。

 

内容
対象となる要件 

次の要件をすべて満たす住宅

 ■「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定する認定長期優良住宅

 ■平成21年6月4日から平成30年3月31日までに新築された住宅

 ■専用住宅や併用住宅(居住部分の割合が2分の1以上のもの)

 ■住宅の床面積が50㎡(一戸建以外の賃貸住宅は40㎡)以上280㎡以下

 減額される範囲居住部分で120㎡分までの部分の家屋の固定資産税の2分の1を減額
 減額される期間新築から5年度分(3階建以上の中高層耐火建築物については7年度分)

※新築住宅については、すでに3年度分(3階建以上の中高層耐火構築物は5年度分)の固定資産税の2分の1を減額する措置がありますが、長期優良住宅は一般の住宅に2年度分の延長として税額が減額されます。

 申告の手続き

減額の申告を行う場合は、新築した年の翌年の1月31日までに、以下のものを下記お問い合わせ先に提出してください。

※上記期間の経過後に申告をする場合には、当該期間内に申告書を提出できなかったことについて、やむを得ない理由であると認められる場合のみ適用されます。 

 認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額適用申告書(ダウンロードできます)

 ■長期優良住宅の認定を受けて建てられたことを証明する書類

お問い合わせ

大山崎町 税住民課 税務係

電話: 075-956-2101 ファックス: 075-957-1101

E-mail: zeimu@town.oyamazaki.lg.jp


長期優良住宅に係る固定資産税の減額措置についてへの別ルート